バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレエ教室経営難の原因と黒字化する対策方法

バレエ教室の赤字や経営難を最近時々耳にします。 バレコンクールが地方都市にも増え、バレエ人口を増やそうというのが国のねらいで、コンクールのレベルも様々になり、参加する子供の人数も増えました。 これはいいことなのですが、子供の人数がふえたとい…

バレエダンサーのお給料と大学非常勤講師の似た現状みる厳しい生活の現状

2006年から首都圏大学非常勤講師組合の委員長を務めている松村比奈子さんが継承している「大学非常勤講師のワーキングプア」の状況が日本のバレエダンサーの状況と似たところがあります。 首都圏の非常勤講師の年収の相場は150万円=~180万円ほど。 基本、…

プロのバレリーナの将来の年金生活:非常に厳しい現実が待っていることを再認識する

2017年12月に厚生労働省年金局の「平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」から発表された年金額の平均は次の通りです。 65歳以上の年金受給者で20年以上の年金を支払い続けていて、1人の平均年金額で、夫が会社員で厚生年金を収めた場合、…

谷桃子バレエ団のチケットノルマの現状

谷桃子バレエ団でプロのバレエダンサーとして活躍する檜山和久さんのインタビューでバレエ団のチケットノルマについて語られていることで、このバレエ団にはチケットノルマは女性だけでなく、男性のバレエダンサーにもチケットノルマを課している事実が分か…

日本国内の20代のバレエダンサーの平均年収と将来性

バレエダンサーの年収というとバレエ関係者でも公に公言している人はめったにしなく、平均年収もベールに包まれている部分がある。 国内のバレエダンサーの多くは20代が大多数なので、20代の(バレエ)ダンサーの平均年収は推定でだいたい300万円ほどとい…

日本バレエ協会が消し去ったチケットノルマの事実とバレエダンサーの出演料の事実

バレエダンサーのお給料や出演料に対する事実に基づいた真実はバレエ関係者の幹部の人たちでも話したがらない話題です。暗黙の了解というのか、関係者だけが知っていればいいといい風潮なのでしょうか・・。 でもバレリーナになりたい本人、それを支える両親…

海外の著名な国公立のバレエ団の年収と日本のバレエ団の年収の比較

海外で国公立のバレエ団の年収はだいたい次のとおりと推定されます。 (西ヨーロッパの著名なバレエ団を参考にしてます。) プリンシパル:600万円~1000万円以上 ソリスト:400万円~600万円 (コリフェ:300万円~350万円) コール・ド・バレエ:250万円~…

バレエダンサーの年収とチケットノルマの関係

バレエ団でも所属する団体によってお給料という形態があるのかわかりませんが、1公演に対するギャラを支払っているところもあります。東京バレエ団なんかそれに該当します。(ただし年の公演数は数える程度なので、ギャラだけでは10万円単位ほど。) 新国立…

バレエダンサーのバレエ団退団後にフリーダンサーとして仕事率をアップさせる方法

バレエダンサーの男性は特に日本ではまだ人数的に少ないこともあり、女性のバレエダンサーよりもバレエ団を退団してもフリーのダンサーとして生活費を増やしていくことが主流になってるでしょ? その点では女性のバレエダンサーよりもずっといい位置にいます…

バレエのお給料とバレエ団を辞めたあとに選ぶ職業は考えてますか?

日本国内のバレエ団でプロのバレエダンサーとしてだけで生活費を得られている人たちはほとんどいませんよね。 ほとんどの人がバレエ教室で講師をしていて、バイト的に教えをやっていたり。 ジムやカルチャーセンターの受付業務をしていたり。 現役時代は、生…

フリーの男性ダンサーが近い将来直面する収入減の1つの理由

フリーの男性ダンサーが日本ではまだまだバレエの世界では一般的に重宝されている、そういう現状は本当です。 バレエダンサーの人口もまだまだ女性のほうが圧倒的に多いし。 バレエを習っている子供は女の子がほとんどだし。 大人からバレエを始める人も、再…

国内での男性のバレエダンサーの立場と将来性

国内での男性のバレエダンサーの立場はとても恵まれてます。 昔よりは人数が増えたとはいえ、女性のバレエダンサーよりはまだまだ人数的に少ないので、いろいろな意味で重宝されているのが現状。 そのことをよく理解していると思います。 それこそバレエ団で…

バレエダンサーやバレリーナから転身してヨガインストラクターになる方法

バレエダンサーやバレリーナ、特に女性のプロのダンサーは男性のバレエダンサーと比べ日本では職業として輝ける時間が短いです。 大半が20代後半でプロとしてのキャリアをやめてしまいます。残念ですが・・・。 理由はここでたくさん述べているようにバレエ…

オペラ座のエトワールの年収格差も羨やましい限り・・

ちょっと古いバレエのドキュメンタリー映画ですが、オペラ座のエトワールたちを追った『エトワール』という、パリオペラ座バレエでの生活を描いたドキュメンタリー映画の中でオペラ座の月収について話している場面があります。 それを参考にするとカドリーユ…

バレエ講師の年収も年齢ともに減っていく理由・・それで将来の生活は不安じゃないですか?

バレエや芸術だけを仕事として生涯生活していくにはかなりのリスクと覚悟が必要になってくるのは想像できますよね。 今20代、30代でもいずれやってくる老い。 特にバレエやダンス関係は体力と名声と健康な体が勝負です。 現役時代に、すでに体のいろいろな箇…

バレエダンサー引退後に振付師として転職するには失敗する勇気とバレエダンサーの質も必要

・・・「身体にムチを打ってダンスを続けていたので、私の身体は引退するという判断を喜んでいたように思います。私と同じ時代に舞台に立った仲間たちの中で、今引退しようとしている人たちもいますが、背中や足首を痛めてきたことで、彼らの身体はもうボロ…

バレエダンサーとネットビジネスで年収アップさせるきっかけは?

昔からの元バレエダンサーの仲間や何らかの形でバレエに関する仕事を続けている友人が数名と食事会やると毎回同じ話題がでます。それについて美味しい食事しながら話すのも楽しみの一つなのですが。 やはりこの先将来的に今の収入のまま生活ができるのか? …

バレリーナの引退年齢とその後の収入の確保はどうするか?

西ヨーロッパや北欧の国公立のバレエ団だと男女ともにバレリーナの引退時期は40歳前後です。これはその後年金のもらえる額が変わってくるので、退団ギリギリの年齢までバレリーナとして働ける環境にあることはうらやましいことです。 日本の有名なバレエ団は…

結婚してもバレエ関係で生活費を稼ぎながらに結婚し家族を養えるのだろうか?

日本でのバレエやアーティストの世界では、海外と違ってプロダンサーとそうでない人の職業としての境界線はあいまいですよね。バレエや芸術関係の仕事だけで十分に生活をしていけている人たちが果たして何人いるのでしょうか? また日本では有名な数か所のバ…

バレリーナの妊娠時期と仕事や生活の心配はつきもの

バレエダンサー同士の結婚でもそうでないにしても、女性が妊娠するとやはりバレエ団を続けることは今の日本の社会だととっても難しい問題です。 バレエだけでなく、芸術に対する社会保証制度が日本では確率されれいないから、妊娠後復帰してバレエ団やフリー…

それほど儲からないバレエ教室の発表会の収入と支出の事情

バレエ教室といってもいろいろタイプがあるので、ここでは昔からの老舗のバレエ教室で、バレエ団合格者もバレエ留学者もいるバレリーナを育てる街のバレエ教室の発表会の収支の事情についてもう少し詳細に。 バレエでお月謝が高かったり、入会金や発表会代が…

有名なバレエ団でギャラがある東京のバレエ団ランキング

日本のバレエ団に所属していて、それだけで生活ができる人はほんの一握りだということはもう知っていますよね。 ほとんどの人が時間と日程に融通のつく短期バイトやシフト制のバイトで生活をつないでいる。または社会人なのに実家にいつまでも住んでいて生活…

バレエダンサーやバレエの先生としての収入をどのように確定申告してますか?

バレエダンサーとしてギャラが年収の大部分を占めていたり、バレエの先生がお教室のかけもちで収入が年収の多くを占める場合、どのような確定申告の仕方をしてますか? 単に副収入として確定申告の欄に記入するのも1つの手ですが、法的書類上、バレエダンサ…

日本のバレエ団のお給料では生活できない原因の1つが「チケットノルマ」

日本のバレエ団の多くは団の公演だけで自立して生活できている人はトップダンサーの中でも数名に限られています。特に女性よりも男性のバレエダンサーの方がまだまだ人数が少ないため需要はあります。 舞台に出演するだけでバイトやっ副業せずに踊ることだけ…

退職金なしお給料も不安定な月収で生涯バレエの先生で生活できるだけの収入があるか?

バレエの先生や元バレリーナで自営でバレエのお教室開いて先生をやっている人は大きなバレエスクールや大人のオープンバレエを除けば自営業で法務局に届け出を出してます。 そういう自営業の人たちの国民年金の毎月の掛け金は約16,000円。 例えば20歳から国…

バレエ教室を開業する時に生徒の集客方法を知っておかないと赤字経営になる

バレエ団を退団する前に生活費や自分のできる能力を考えて、バレエ教室を開くダンサーはわりと多いです。 バレエダンサー、バレリーナとしてある程度メディアで名前が知られていれば、自分のバレエスクールを開くのも簡単です。知名度がもうすでにある程度確…

バレエ教室の場所決めが経営維持できるかどうかの重要ポイント

昔からのバレエの老舗のお教室を除いて、これから新たにバレエ教室を開いたり、数年前にバレエスクールを作ったけど赤字経営で大変という時は、スタジオの立地条件を再度考え直した方がいい。 バレエスタジオのコンセプトとしてどういう年齢層、どのような目…

バレエダンサーにとって、将来的に自分が踊ることだけでは食べていけないし、体力がいつまでもつかわかりません。 30代で自分のバレエのお教室を持つ人もふえてきます。バレエ団に所属しながらプロのダンサーとして続けて最初は副業的な存在でも、それが5…

バレエ教室を開く人が考える手順② クラス数や料金設定の考え方

前回ではバレエのお教室を始めて開くためにかかる毎月の必要経費をどのくらいに設定するかによって、最終的に収入がいくらになるのか、だいたいの概算ができるようになりましたね。 収入額の大きな違いは、必要経費の金額設定の中でスタジオをレンタルするの…

バレエ教室を開く人が考える手順① バレエスクール作る初期費用(必要経費)の考え方

バレエダンサーの人も、もうすでにバレエを教えている人もいると思います。バレエの助教やアシスタントをやっている人もいますよね。 でも一か月の収入はそれだけでは到底やっていけないので、バイトをするなり何かしらの副業で生活費を手に入れているダンサ…