読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレリーナ、バレエダンサーの副業やアルバイト情報

プロのバレリーナやバレエダンサーも将来を考えた副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは厳しいです。将来を見据えて今からアルバイトや副業で経験を積んでおきましょう

20代が主のバレエダンサー、不安定な年収で将来的に生活や仕事の不安はないのかな?

舞台や発表会で踊ってバレエをプロとして仕事にしている人はほとんどの人が副業をもってます。飲食関係のバイトやバレエスクールでの教え、男性のフリーダンサーであれば発表会のゲストとしてグランやアダージオの相手をすること・・。 女性のバレエダンサー…

バレリーナの現状、急な舞台や地方公演もOK!働きやすいバイト先で!

バレエダンサーのようにスケジュールが変則的で、時には地方公演や発表会リハ等で普通のバイトだと働きにくい場合、シフト制で自分の都合がつくときに働けるバイトを最低1つもっていると生活が楽になります。 そういう働き方の人はダンサーやバレリーナ、演…

バレエダンサーになった時点で、将来性を考えて副業を考えたほうが利口

バレエダンサーになりたいと思う人やすでにプロとしてバレエで活躍している人もいらっしゃると思います。 またプロのダンサーになれなくてもお教室を開いたり、講師として雇われていてバイトで日々の生活をつないでいる人もいらっしゃるでしょう。 興味ある…

バレエダンサーも同時に独立や起業を考えたほうが将来的にメリットあり!

バレエダンサーといっても実情、バイトしている人やフリーのダンサーで発表会の多い夏の時期に稼いでいる季節労働的な働き方で、収入も毎月、毎年不安定になっていることも多いです。 そういう生き方、働き方で納得しているのなら別に問題ありませんが。 や…

どうしてバレエダンサー男性の年収やどのくらい稼ぐか気になるのか?

バレエダンサーの男性の年収を知りたいという人は意外と多いです。 その場合、結婚相手や婚約者、パートナーがバレエダンサーだったり、夫がバレエダンサーだったりという場合が多いのでしょう。 女子の場合は特に気になりますよね。相手がバレエダンサーの…

プロのダンサーやバレリーナの生活をどこで見極めるか?

プロのバレリーナやダンサーにたとえなれたとしても、次に新たな悩みや心配事は次から次へと生じてきます。 一生踊っていきたい 退団したくない コールドじゃなくてソリスト以上になりたい 海外のバレエ団へ移籍したい お金もちと結婚してバレエを続けたい …

バレエ以外でも人前で注目される正社員の職業に転職はどうですか?

バレエのプロダンサーや、ダンス関係の職業に就けた人も、道半ばでどうしようか迷っている人も、全ての人がプロのダンサーやバレリーナになれるわけではないことは知ってますよね。 そしてバレリーナになっても実際の生活には困るわけで・・。 そう考えると…

バレエ以外の仕事を決めるのも自分次第:大卒の重要性

バレエ教室には、少人数だけど国内外のプロのバレエダンサーになる生徒さんもいらっしゃれば、バレエと一歩距離を置いてバレエ以外の道を進む生徒さんの実話がのっていました。 ブログではバレエをプロとしておけいこに励むことも、プロとしてのバレエに見切…

バレエやダンスを活かせる仕事と今後の需要を考える

プロのバレエダンサーでもバレエ以外のダンサーやセミプロととしてバイトしながらバレエの小さな舞台に発っている人で両親の援助がない人は、バイトで生活をつないでいることでしょう。 バイトやフリーター生活も20代半ばまではいいけど、それ以降になってく…

海外のバレエ団に就職したら将来の貯金もできる?年金制度と雇用条件

海外のバレエ団に就職できると、国によっては永住権を取得できたり、退職金や年金がもらえたりと、メリットもあります。 最近は日本人のダンサーも欧米やアジアのカンパニーでも認められる人が多くなってきたのはとっても嬉しいことですね。 ドイツはフラン…

バレエダンサーの夫でも30代、40代以降で貯金なしでも将来的に大丈夫?

一般の企業に勤める人でも中小企業の会社に勤めている低賃金の男性や、正社員以外の雇用の人であれば実際に30代、40代以降でも貯金が0に近い人たちも少なくないのも現実です。 そういう家庭では結婚していても共働きでも生活がギリギリで、そういう状況で子…

女性のバレエダンサーも結婚する相手の年収や安定した職業を気にする

日本のバレエ団に所属することだけでもすごいことなのに、経済的にプロフェッショナルな職業として確立されていないのは悲しい現実といつも考えるのですが、今回は女性のバレエダンサーが交際相手を選ぶときや結婚相手を選ぶときによく話を耳にした話題につ…

ダンサー等の自由業、フリーターでも審査の通りやすい最適なカードローン情報

ちょとつらい話ですが、年収が安定しない個人事業主やフリーランス、ダンサーは日本では職業が社会保障的の側面で考えると、いろいろ確立されていないことも多いので、クレジットカードやちょっとしたときに安心して借りられるカードローンの審査に落ちてし…

海外のバレエ団がいい?ドイツやフランスのバレエ団のお給料とシビアな契約

日本のバレエ団では基本的に多くの場合、生活ができないし収入が安定していないことは随分ここで話しているので、それでも職業舞踊手となることは尊敬に値することと個人的に考えます。 だから最近海外の大きなバレエ団で安定した収入と、職業として認められ…

個人事業主、フリーダンサーのバレリーナが持っていると便利なカードローン

日本でバレエダンサーやバレエを教えている人でも、所属してい団体が社会保障の面倒を見てくれないときは、社会的に「無職、フリーター」と言われてしまうので、やはり世間的も悪いですよね。 プロのバレリーナとしてせっかくなったんだから、それを社会的に…

意外と多いバレエダンサーの離婚後の生活に対する心配

バレエダンサーはバレエに関係することに時間を拘束されていることが多いので、他の業界の人たちとの交流がなかなか難しいこともあります。 そういう生活状況のためバレエダンサー同士の結婚はけっこう頷けることです。 結婚時期も一般のサラリーマンに比べ…

プロのバレエダンサーになったら、個人事業主にするか、無職のままか?

バレエ団に所属した後フリーのダンサーになったときは、どのような社会的立場になるのか? 多くのバレエダンサーの方は、高卒か大卒(中途退学)でバレエ団に入っているので、実家から通っていたり、東京にでてきても親の仕送りとバイトで生活をしている人い…

海外のバレエ団にするか日本のバレエ団にするか?お給料だけで考えないほうがいいかも

日本のバレエ団に所属したからといってそれだけで女性のバレリーナが生活できることはないことはもう理解されていると思います。 それでもやはりバレリーナになりたい!と夢を実現させる気持ちも十分理解できます。 個人的に私自身もそうでしたから。ダンス…

どうして日本人より外国人のフリーダンサーのほうがギャラや収入が高いのか?

ある程度名前の知れた外国人の男性のフリーダンサーがギャラが日本人より高いことは知ってますよね? 日本人のフリーダンサーの場合、リハ10回で1回の発表会だと、普通の1回のリハが1万程度で、発表会当日8万~10万円。総計で15~20万円前後です。 練習期間…

意外と高いフリーバレエダンサーの収入と生活費

普通のサラリーマンの家庭だと、まずバレエがお金がかかるの習い事なので、それ自体をずっと長く続けられる環境で育ったのなら恵まれている家庭だと思います。 両親の気持ちからすると、大学でていい企業に就職して、幸せな結婚をしてほしいと願うのが一般的…

女性のバレエダンサーの副業に水商売を選ぶ人はけっこう多いって本当のこと

バレエダンサーになっても、バレエ団にせっかく入っても生活費を考えるとなかなか厳しい現実がまってます。 副業なしではほとんどのダンサーは生活できないのが実情です。親の援助や有名なバレエ教師の2世なら生活は普通にできますけどね・・。実際にそうい…

バレエダンサーの副業で自分の名前をより上手に売っていく方法

バレエダンサーだと、バレエ団に所属して10年ほどのキャリアを積んで男性の場合フリーダンサーになったり、女性の場合、バレエ講師の副業で生計を立てている人が多いです。 女性の場合だと結婚して専業主婦になる人も多いですね。これだと生活費の心配はなく…

バレエの舞台費用と生活のお金が足りない時はどうするの?

プロになってもバレエダンサーはお金がかかることはある程度承知してますよね。 本当に一新国立劇場のバレエ団を除いて生活が安定してバレエだけにうちこめるバレエ団は日本にはありません。 男性のバレエダンサーであれば、公演のギャラ等は支払われるとこ…

フリーバレエダンサーと同年代サラリーマンの年収比較:30代までは同等の生活ができる?

転職サイトのデューダで、年代別平均年収データが発表されていました。 それをみると、30代のフリーのバレエダンサーの年収と普通のサラリーマンの年収はどれほど変わらないことが分かりました。 女性のバレエダンサーはバレエの公演では稼げないのでここで…

こんなに違うの?バレエダンサーのお給料、年収比較

国内のバレエ団のお給料がいくらか分かったら、オーディションを受けるバレエ団を変えるのでしょうか?お給料が保証されていなかったら、バレエダンサーになるのを諦めるのでしょうか? そういった疑問もありますが、ここはお給料の話だけ。 まず外国からの…

バレエダンサーとサラリーマンの65歳から貯蓄負担はこんなに違う・・

サラリーマンの65歳~85歳までの老後の預貯金は最低限いくら必要? サラリーマンの場合、退職金もあり、65歳以上になると厚生年金もあるので、65歳以上になると、それほど貯蓄がなくても生活できます。 ここが国民年金だけのバレリーナやバレエダンサーと違…

これだけ違う!バレエ関係者とサラリーマンの無年金期間の老後の資金調達方法の比較

今回は、60歳で退職して65歳までの無年金期間でどのくら生活費が最低限必要なのかを考えてみます。 バレエ関係者の人もサラリーマンの人もいったん60歳で仕事に一区切りを考えるとします。 一人当たり東京に住んだ場合、平均年311万円ほど生活費が最低限かか…

バレエダンサーだからこそ、老後に備え終身医療保険には加入しよう!

バレリーナの方の心配の1つはケガや病気に対する補償。 若い時であれば少しの足腰の痛みや肩のだるさ等、多少我慢してもバレエのレッスンはできます。バレエ団に所属していてもわりとそういうダンサーはいらっしゃいます。 1か月一人あたりに必要な退職後の…

老後の生活費なんて考える余裕がない50代以上のあるバレエダンサー話

20代、30代前半のころは男性のバレエダンサーは、バレエ団によってはサラリーもギャラも女性よりは貰え、発表会ダンサーとしてもフリーで活躍ができ、年収もかなり高く、同世代のサラリーマンの平均年収より高い方もいらっしゃいます。 ケガがなければまだま…

バレリーナが老後を準備する時、「物価上昇」も視野に入れた生活費を考えよう

バレリーナはバレエ団を辞めた後、フリーダンサーで活躍する人、バレエ教室でインストラクターとして活躍する人が多いのは事実です。 職種となるとどのカテゴリーになるでしょうか? バレエ関係者だと、何らかの企業に属して「厚生年金」を支払わない限り、…

元バレリーナやバレエ関係者にも当てはまる「老後の不安」って何?一般アンケート調査より

連合のシンクタンク「連合総研」の調査で明らかになった非正規労働者の老後の不安をアンケート調査し、ランキング形式のまとめを発表しました。 彼らの約8割弱が老後に強い不安を感じている意識調査が分かりました。 (参考:毎日新聞2016年6月6日) 老後の…

国民年金だけのバレリーナは、老後資金に苦労!今から副業やアルバイトで貯蓄を!

バレリーナの方の社会的職種は「自営業」に分類されます。 自営業の場合、厚生年金には加盟してないので将来受け取る年金のカテゴリーは「国民年金」だけになります。 (ただしバレリーナの方でも自分の会社を立ち上げて社会保険を支払っているのであれば、…

バレエには副業が必須!ダンサーは副業なしでは生計が立たない

バレエダンサーを含め、バレエ以外の主なダンサーの年収とダンサーという本場の声についてまとめた情報がありました。 以下は関西地方の現役バレリーナ20代半ばの方の声です。 東京バレエ団みたいに海外公演なんかもする大きなバレエ団員ならがっぽり稼げる…

40歳以上の元バレリーナの老後の生活費は独り分でも危ない?

バレエを踊っていると1年が早く感じます。あっというまに30歳を超えてしまいます。 日本では30歳がバレリーナやバレエダンサーにとって1つの節目という風潮があります。40歳で2度目の節目。 その間に結婚する人もいますが、以外と独身の(元)バレ…

バレエを辞めた後、バレリーナの生活費や老後資金、貯蓄は大丈夫?

国内外に限らず、バレリーナやバレエダンサーになれたからといって一般企業と違い、将来の保証があるわけではありません。しかも第2,3の人生は一般の人たちより早く30代40代で来てしまうのです。 またプロのバレリーナになれたとしても、日本でそれだ…

バレエの長期留学経験があるのなら副業で翻訳バイト自宅で短期で収入!

長期のバレエ留学をしていた人でも実際に海外のバレエ団で踊るのは一握りの人のみ・・。国内のバレエ団でも留学することはメジャーで、多くの人が短期留学も含めてしている時代です。 日本だとまだ両親の援助があってバレリーナとしての職業に就くことができ…

バレリーナになれなかったフリーダンサーはどうやって生活するの?

バレリーナを目指す人の多くは高校や大学卒業後、またはバレエ留学後にバレエ団のオーディションを受けてバレエ団に入団するのが王道。 ただバレエ団に受かるのは超一握りの人たちに限られてます。 10年前よりももっとバレエ人口が増えているので、バレリー…

ミュージカル関連の専門学校の講師でバレエやダンスを教える職業もあり!

プロとしてのバレエの舞台の経験や経歴があるのだったら、ミュージカルやダンス関係の講師のアルバイトもあります。 知ってますか? 小学校から高校までは教員免許が必要ですが、それ以降の大学・短大、専門学校で教える分には教員免許は特に必要とされてい…

バレエスクールの運営・企画のアルバイトはこんな感じ!

バレリーナの方やアマチュアでバレエが好きな方がよくされているアルバイトや正社員の仕事の人に<バレエスクールの運営・企画>が選ばれています。 仕事の主な業務: 仕事の内容としては、バレエ講師のスケジュール調整や、バレエの発表会の企画や特別クラ…

バレエ関係の求人情報:バレリーナのその後の転職に役立つ映像編集の仕事

バレリーナも30代になるとその後の人生について考えなければならない時期になります。 多くの人は同じくバレエの教えをやったり、男性のバレエダンサーであればフリーダンサーとして、バレエ協会やバレエの発表会の女性の相手役としてパドドゥやグランを踊る…

日本のバレエ団のお給料明細:現状は非常に厳しいがなりたい花形職業の1つ

ここでお伝えすことはあくまでも日本のバレエ団の女性のバレエダンサーのお給料についての話題です。 個人的な環境により、的確にこれだけっていう金額は言えませんが、ある程度まとめました。 新国立バレエ団の契約ダンサーでコールドのお給料 東京近郊の昔…

バレエ教室を開設するのにかかる費用はどのくらい?

バレリーナやバレダンサーの方で、フリーのバレエダンサーやバレエ団を退団してから自分のバレエ教室を開こうと思うのは当然のことです。 実際にそうやって生活をしている方たちもいらっしゃいます。 新国立劇場の元バレエダンサーの方はそういう方が多いで…

気になるオープンクラスのバレエ講師のアルバイト料の相場はいくら?

バレエ講師といっても、どこの団体で教えるかによって講師料がちがってきます。 またバレエ界でどのくらいの地位に自分がついているかによっても1レッスン、または生徒一人当たりの講師料が違ってきます。 日本のバレエ界で有名なのか、または海外のバレエ…

バレリーナは職業として日本の社会では認められていない厳しい現状

日本のバレエ団で職業舞踊手として、バレエだけで本職になっている人はいったいどれだけいるのだろうか? 本当にほんの一握りの人たちだけに限られてます。 バレエ団だけで生活していけているのは、Kバレエの熊川さん、新国立劇場のバレエ団のソリスト級以…

バレリーナが有利な職業: フィットネスクラブの事務・受付

バレエ団に所属していたり、フリーのバレエダンサーをやっていると、舞台のリハーサルが立て続いたり、突然公演の依頼がきたりで、曜日が固定になっている定期的なアルバイトがやりにくいので、シフト制でけっこう自由にスケジュールが組めるアルバイトの口…

バレリーナの将来と不安:外国のバレエ団では大学進学もメジャー

バレエ団に入るのは東大に入るよりずっと難しいといわれています。 早期教育も必要だし、バレエの才能もすっごく必要。 職業舞踊手として日本のバレエ団に入団するのは高卒の18歳の人が多いです。 そして転機が20代末、30代前半でこのままバレエをプロと続け…

バレエ団のリハーサルや通常のバレエレッスンはただ同然?!

将来、バレリーナになりたいと思っていたり実際にバレエ団に所属すると、今までみえていなかったことが現実となります。 中にはバレエは好きだし、夢だったバレリーナになれたけど、現実的に嫌になることもあります。 お給料もないのに、毎日のレッスンや次…

女性バレエダンサーは毎月の出費も超痛い!お金が消えていく・・

プロのバレリーナの方も、アマチュアでバレエをやっている女性も、バレエを本格的にやると、すっごくお金がかかること知ってますよね。 特に新国立劇場以外のバレエ団に所属している女性のバレリーナは、バレエ団からの収入はほとんどないし、でもポワント代…

日本のバレエ団に所属後、海外のバレエ団のオーディションを受ける情報もあり!

海外の国公立のバレエ団はお給料も高いのはもう知ってますよね。 そして欧米ではバレエダンサーとしての社会的地位も高く、コールドだったとしても職業として確立されています。 国家公務員の一員なので社会保障もきちんとしているし。 誰でも一度は外国のバ…

バレリーナは副業、本業はバレエの教えで満足ですか?

新国立劇場のバレエ団とKバレエカンパニーのソリスト級以上のバレエダンサーをのぞいて、日本のバレエ団に所属しているバレエダンサーの多くは、職業舞踊手だけでは生活できないのが悲しい現実ですが現状です。 お給料も支払われないし、しかもバレエ団のレ…