バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレリーナができる副業とアルバイト

バレリーナの妊娠時期と仕事や生活の心配はつきもの

バレエダンサー同士の結婚でもそうでないにしても、女性が妊娠するとやはりバレエ団を続けることは今の日本の社会だととっても難しい問題です。 バレエだけでなく、芸術に対する社会保証制度が日本では確率されれいないから、妊娠後復帰してバレエ団やフリー…

バレエ教室の場所決めが経営維持できるかどうかの重要ポイント

昔からのバレエの老舗のお教室を除いて、これから新たにバレエ教室を開いたり、数年前にバレエスクールを作ったけど赤字経営で大変という時は、スタジオの立地条件を再度考え直した方がいい。 バレエスタジオのコンセプトとしてどういう年齢層、どのような目…

バレエダンサーにとって、将来的に自分が踊ることだけでは食べていけないし、体力がいつまでもつかわかりません。 30代で自分のバレエのお教室を持つ人もふえてきます。バレエ団に所属しながらプロのダンサーとして続けて最初は副業的な存在でも、それが5…

バレエ教室を開く人が考える手順① バレエスクール作る初期費用(必要経費)の考え方

バレエダンサーの人も、もうすでにバレエを教えている人もいると思います。バレエの助教やアシスタントをやっている人もいますよね。 でも一か月の収入はそれだけでは到底やっていけないので、バイトをするなり何かしらの副業で生活費を手に入れているダンサ…

バレエダンサーや自由業で国民年金にしか加入していない場合、年金の収入っていくらかしってますか?

2016年の10月、安倍政権になってからの「年金カット法案」ってどういうことか知ってますか? 高齢者の数>出生率 高齢者の数が出生率より年々かなり多くなることが原因で、成人した若者一人ひとりが支払う年金の割合が年々増えてしまう。だから高齢者…

バレエ講師のあいまいな時給額には憤慨する・・

子どもの時からいっしょのバレエ学校だった友人と数年前から偶然出会い、それ以来また交友を定期的に深めています。 こういう子どもの時から知っているバレエの友達との話はつきません! バレエ、踊る、ダイエット、恋バナ・・・と興味はつきません。 つい最…

バレエ教室を開く時キーワードや文章が的外なブログやHPは結局集客できず生徒が減る一方

自分のバレエ教室を作りたいと思っていたり、バレエ関係のショップやお店をネットで開きたいと思っていても、実際に毎月の収益が一定で安定しているところって、かなりの大手のショップや昔ながらのバレエ教室や、有名な現役のバレエダンサーが講師としてバ…

バレエ教室を開く人が考える手順③ バレエ教室開業の独自ストーリ=コンセプト作りの重要性

前回までは、実際にバレエ教室を開業する時の収入や必要経費をどのくらいに設定するかによって、事前にお教室のクラス数やキャンペーンや無料体験制度他の、バレエ教室ならではの得点や他のバレエ教室とは違うオリジナル性をどのように打ち出していくか、と…

バレエダンサーが現役後にバレエ教室を開いて成功させるポイントは?

第2時ベビーブームと言われていた時代の人がバレエを習っていた時代は、大人バレエのクラスがほとんどなく、バレエは子供から始めた人がすることと考えられていた時代、地元でずっと続いているバレエ教室は80人~100人単位で生徒さんがいる時代でした…

男性バレエダンサーの発表会アルバイトを上手に続けるポイントは何?

まだバレエ自体が日本の男性にあまり受け入れられてなかった時代、現在の40代以上のダンサーが現役時代のころは、バレエ界の関係者の方からの話しだと、男性のバレエダンサーは人数的にかなり少なかったので、ぶっちゃけバレエ習って数年の一般人に近い人や…

バレリーナのバイト向き!体力的に楽な整形外科のリハビリ介助というバイトの詳細

バレリーナやバレエダンサーという経歴を履歴書に書くと、比較的にカンタンに採用してくれるのが整形外科のリハビリ助手、アシスタントと呼ばれるバイト。 週に2,3回から、午前中と午後の部に分かれて募集してます。 最近では日曜日も都内だとやっている…

バレエダンサーという職業ではローンも組めない?!

20代後半~30代のわりと名前が売れているバレエダンサーのかたたちの年収って、仲間内ではだいたい平均300万円前後といわれています。 男性のダンサーだと発表会シーズンの夏にバレエのお教室やスクールで子どものバレエのパドドゥの相手をしたり、大人だけ…

バレエをアシスタントを辞めたいと思ってもすぐにやめられない、バレエの世界は怖い・・ 

オープンクラスのバレエスクールではなく、個人経営のお教室でバレエを小さい時からずっと続けて、男性といっそにパドドゥをやったり、コンクール出場したり、発表会でソリストや主役のいい役がもらえたり。 そういう状況になってくると、いずれ高校生や大学…

バレエ助教はバイトかけもちの生活になるのも自己責任のもと覚悟も必要

バレエの教えだけで食べていくっていうのは今の世の中そうとう厳しいです。 スタジオを借りるのならその維持費だけでも都内や大都市なら月20万~30万ほどかかります。それと必要経費(電気代、冷暖房費、通信費等)。 ざっと計算しただけでも月40~50万円は…

バレエ助教になりたい!好きなコトを仕事に選べればいいのだけど・・

バレエが好きで、踊ることがすき 年齢とともに上達していて、容姿もそれなりにいい どちらかというとバレエ向きの体系 コンクールにも出場して、入賞もしている いろいろな講習会にも参加している バレエ協会の公演にも子どもの時からずっと出演している 上…

バレエの助教という名の暗黙の「タダ働き」にご注意!

ずっと小さい時から同じバレエ教室でバレエを習っていて、セミプロダンサーぐらいのレベルになっていると、お教室の先生から「バレエの助教」としてバレエのクラスをいくつか任されることがあります。 バレエの先生になるのが将来の夢だったら、それで夢が達…

これからバレエ講師になりたいのならとっておいていい教師資格とコネクションも大切

日本でバレエを教えている人たちの中には、比較的若い世代の人はバレエの教師のディプロムをちゃんと所持している人もいらっしゃいます。 バレエが一応教えられる程度にバーもセンターもできるのは当たり前ですが、それ以外にも体のつくりや使い方を徹底的に…

体力と時間に拘束されるダンサーは何を副業に選ぶと一番効率的に収入を得られるか?

ダンサーと副業の関係はきってもきれない関係。 バレエやダンスを踊ることだけでは生活できないのは日本の常識ですよね。 バイトが収入のほとんどをしめていて、毎日朝から午後~夕方まで拘束されて、体はもうクタクタなのに、一円も稼げないなんて常識で考…

バレエ教室が赤字で経営難の理由

ここに書く内容は個人的にバレエを子どもの時から習っている土地柄、東京や首都圏のバレエ教室の経営状況について言及しています。 子どもの時は知らなかったし、気にも留めていなかったバレエ教室の運営側の事情。 ぶっちゃけすっごく儲けがでているところ…

バレエの講師のお給料と長いこれからの将来キャリア作り

バレエを踊ることだけを本職にすると日本では生活がかなり厳しいということは知ってますよね。 ほとんどのバレエダンサーやバレリーナの方々は時間が開いているときに副業としてバレエに関係のないバイトやバレエの講師をしていらっしゃる人が多いです。 気…

バレリーナの現状、急な舞台や地方公演もOK!働きやすいバイト先で!

バレエダンサーのようにスケジュールが変則的で、時には地方公演や発表会リハ等で普通のバイトだと働きにくい場合、シフト制で自分の都合がつくときに働けるバイトを最低1つもっていると生活が楽になります。 そういう働き方の人はダンサーやバレリーナ、演…

プロのダンサーやバレリーナの生活をどこで見極めるか?

プロのバレリーナやダンサーにたとえなれたとしても、次に新たな悩みや心配事は次から次へと生じてきます。 一生踊っていきたい 退団したくない コールドじゃなくてソリスト以上になりたい 海外のバレエ団へ移籍したい お金もちと結婚してバレエを続けたい …

バレエやダンスを活かせる仕事と今後の需要を考える

プロのバレエダンサーでもバレエ以外のダンサーやセミプロととしてバイトしながらバレエの小さな舞台に発っている人で両親の援助がない人は、バイトで生活をつないでいることでしょう。 バイトやフリーター生活も20代半ばまではいいけど、それ以降になってく…

女性のバレエダンサーの副業に水商売を選ぶ人はけっこう多いって本当のこと

バレエダンサーになっても、バレエ団にせっかく入っても生活費を考えるとなかなか厳しい現実がまってます。 副業なしではほとんどのダンサーは生活できないのが実情です。親の援助や有名なバレエ教師の2世なら生活は普通にできますけどね・・。実際にそうい…

バレエダンサーの副業で自分の名前をより上手に売っていく方法

バレエダンサーだと、バレエ団に所属して10年ほどのキャリアを積んで男性の場合フリーダンサーになったり、女性の場合、バレエ講師の副業で生計を立てている人が多いです。 女性の場合だと結婚して専業主婦になる人も多いですね。これだと生活費の心配はなく…

バレエの長期留学経験があるのなら副業で翻訳バイト自宅で短期で収入!

長期のバレエ留学をしていた人でも実際に海外のバレエ団で踊るのは一握りの人のみ・・。国内のバレエ団でも留学することはメジャーで、多くの人が短期留学も含めてしている時代です。 日本だとまだ両親の援助があってバレリーナとしての職業に就くことができ…

ミュージカル関連の専門学校の講師でバレエやダンスを教える職業もあり!

プロとしてのバレエの舞台の経験や経歴があるのだったら、ミュージカルやダンス関係の講師のアルバイトもあります。 知ってますか? 小学校から高校までは教員免許が必要ですが、それ以降の大学・短大、専門学校で教える分には教員免許は特に必要とされてい…

バレエスクールの運営・企画のアルバイトはこんな感じ!

バレリーナの方やアマチュアでバレエが好きな方がよくされているアルバイトや正社員の仕事の人に<バレエスクールの運営・企画>が選ばれています。 仕事の主な業務: 仕事の内容としては、バレエ講師のスケジュール調整や、バレエの発表会の企画や特別クラ…

バレエ関係の求人情報:バレリーナのその後の転職に役立つ映像編集の仕事

バレリーナも30代になるとその後の人生について考えなければならない時期になります。 多くの人は同じくバレエの教えをやったり、男性のバレエダンサーであればフリーダンサーとして、バレエ協会やバレエの発表会の女性の相手役としてパドドゥやグランを踊る…

日本のバレエ団のお給料明細:現状は非常に厳しいがなりたい花形職業の1つ

ここでお伝えすことはあくまでも日本のバレエ団の女性のバレエダンサーのお給料についての話題です。 個人的な環境により、的確にこれだけっていう金額は言えませんが、ある程度まとめました。 新国立バレエ団の契約ダンサーでコールドのお給料 東京近郊の昔…