読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレリーナ、バレエダンサーの副業やアルバイト情報

プロのバレリーナやバレエダンサーも将来を考えた副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは厳しいです。将来を見据えて今からアルバイトや副業で経験を積んでおきましょう

バレリーナの退団と安定した老後に備える情報

30代以上のバレエダンサーの生活をどうやって安定させるか?

先日ウェブインタビューで俳優の渡辺謙が言っていた言葉に言及してみる。 「僕にも、俳優として先が見えなくなって、不安に押しつぶされそうな時期がありました。でも、どんなに状況が悪かろうと、そういう時ってあがき続けるしかないんですよね。その時の自…

バレエ講師の収入と将来のライフイベント予想額にアゼン?!

日本においてバレエは仕事の1つとして認められてはいますが、収入に関してはバレエだけでは生活できないというのも関係者の間では知られた事実ですよね。 それでもプロのバレエダンサー、バレリーナとしてバレエ団やフリーダンサーとして生計を立てている人…

バレエダンサーになりたい夢をつらぬく人は年収は今のところ気にしない!

このブログですでに日本のバレエ団に所属しているバレエダンサーは基本、生活費は別枠で副業をしながら稼いでいるということはもう理解して頂けていると思います。 現実として、年収が低く収入も不安定だと知りながらもやっぱりバレエを職業に選ぶ人たちは後…

バレエを本業にしているダンサーと結婚して本当に大丈夫なの?

バレエを踊ることが好きな人は、バレエダンサーを結婚相手に選びたいと思うのも自然の成り行き。 そういう気持ちも分からなくないけど。 やはり結婚は夢ではなく現実のこと。 つまり、生活費がいくらあれば毎月大丈夫とか、老後の貯金確保とか、そういう経済…

バレエダンサーも同時に独立や起業を考えたほうが将来的にメリットあり!

バレエダンサーといっても実情、バイトしている人やフリーのダンサーで発表会の多い夏の時期に稼いでいる季節労働的な働き方で、収入も毎月、毎年不安定になっていることも多いです。 そういう生き方、働き方で納得しているのなら別に問題ありませんが。 や…

バレエ以外でも人前で注目される正社員の職業に転職はどうですか?

バレエのプロダンサーや、ダンス関係の職業に就けた人も、道半ばでどうしようか迷っている人も、全ての人がプロのダンサーやバレリーナになれるわけではないことは知ってますよね。 そしてバレリーナになっても実際の生活には困るわけで・・。 そう考えると…

バレエ以外の仕事を決めるのも自分次第:大卒の重要性

バレエ教室には、少人数だけど国内外のプロのバレエダンサーになる生徒さんもいらっしゃれば、バレエと一歩距離を置いてバレエ以外の道を進む生徒さんの実話がのっていました。 ブログではバレエをプロとしておけいこに励むことも、プロとしてのバレエに見切…

海外のバレエ団に就職したら将来の貯金もできる?年金制度と雇用条件

海外のバレエ団に就職できると、国によっては永住権を取得できたり、退職金や年金がもらえたりと、メリットもあります。 最近は日本人のダンサーも欧米やアジアのカンパニーでも認められる人が多くなってきたのはとっても嬉しいことですね。 ドイツはフラン…

バレエダンサーの夫でも30代、40代以降で貯金なしでも将来的に大丈夫?

一般の企業に勤める人でも中小企業の会社に勤めている低賃金の男性や、正社員以外の雇用の人であれば実際に30代、40代以降でも貯金が0に近い人たちも少なくないのも現実です。 そういう家庭では結婚していても共働きでも生活がギリギリで、そういう状況で子…

意外と多いバレエダンサーの離婚後の生活に対する心配

バレエダンサーはバレエに関係することに時間を拘束されていることが多いので、他の業界の人たちとの交流がなかなか難しいこともあります。 そういう生活状況のためバレエダンサー同士の結婚はけっこう頷けることです。 結婚時期も一般のサラリーマンに比べ…

バレエダンサーとサラリーマンの65歳から貯蓄負担はこんなに違う・・

サラリーマンの65歳~85歳までの老後の預貯金は最低限いくら必要? サラリーマンの場合、退職金もあり、65歳以上になると厚生年金もあるので、65歳以上になると、それほど貯蓄がなくても生活できます。 ここが国民年金だけのバレリーナやバレエダンサーと違…

これだけ違う!バレエ関係者とサラリーマンの無年金期間の老後の資金調達方法の比較

今回は、60歳で退職して65歳までの無年金期間でどのくら生活費が最低限必要なのかを考えてみます。 バレエ関係者の人もサラリーマンの人もいったん60歳で仕事に一区切りを考えるとします。 一人当たり東京に住んだ場合、平均年311万円ほど生活費が最低限かか…

バレエダンサーだからこそ、老後に備え終身医療保険には加入しよう!

バレリーナの方の心配の1つはケガや病気に対する補償。 若い時であれば少しの足腰の痛みや肩のだるさ等、多少我慢してもバレエのレッスンはできます。バレエ団に所属していてもわりとそういうダンサーはいらっしゃいます。 1か月一人あたりに必要な退職後の…

老後の生活費なんて考える余裕がない50代以上のあるバレエダンサー話

20代、30代前半のころは男性のバレエダンサーは、バレエ団によってはサラリーもギャラも女性よりは貰え、発表会ダンサーとしてもフリーで活躍ができ、年収もかなり高く、同世代のサラリーマンの平均年収より高い方もいらっしゃいます。 ケガがなければまだま…

バレリーナが老後を準備する時、「物価上昇」も視野に入れた生活費を考えよう

バレリーナはバレエ団を辞めた後、フリーダンサーで活躍する人、バレエ教室でインストラクターとして活躍する人が多いのは事実です。 職種となるとどのカテゴリーになるでしょうか? バレエ関係者だと、何らかの企業に属して「厚生年金」を支払わない限り、…

元バレリーナやバレエ関係者にも当てはまる「老後の不安」って何?一般アンケート調査より

連合のシンクタンク「連合総研」の調査で明らかになった非正規労働者の老後の不安をアンケート調査し、ランキング形式のまとめを発表しました。 彼らの約8割弱が老後に強い不安を感じている意識調査が分かりました。 (参考:毎日新聞2016年6月6日) 老後の…

国民年金だけのバレリーナは、老後資金に苦労!今から副業やアルバイトで貯蓄を!

バレリーナの方の社会的職種は「自営業」に分類されます。 自営業の場合、厚生年金には加盟してないので将来受け取る年金のカテゴリーは「国民年金」だけになります。 (ただしバレリーナの方でも自分の会社を立ち上げて社会保険を支払っているのであれば、…

40歳以上の元バレリーナの老後の生活費は独り分でも危ない?

バレエを踊っていると1年が早く感じます。あっというまに30歳を超えてしまいます。 日本では30歳がバレリーナやバレエダンサーにとって1つの節目という風潮があります。40歳で2度目の節目。 その間に結婚する人もいますが、以外と独身の(元)バレ…

バレエを辞めた後、バレリーナの生活費や老後資金、貯蓄は大丈夫?

国内外に限らず、バレリーナやバレエダンサーになれたからといって一般企業と違い、将来の保証があるわけではありません。しかも第2,3の人生は一般の人たちより早く30代40代で来てしまうのです。 またプロのバレリーナになれたとしても、日本でそれだ…