バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレエダンサーが老後の資金をどうやって貯めればいいのか?

先に記事でも書いた通り、2017年3月の段階で、大卒で40年間企業に勤めた場合の単身の年金受給者の平均は月13万円ほど。 これが国民年金支払いのみだと月8万円ほどということはもう分かってますよね。夫婦でも月13万円ほどしか年金をもらえない。 バレ…

引退後のバレエダンサーの国民年金って一体いくらもらえるの?

前の話しの続きで、バレエダンサーやフリーダンサーは会社員ではないので、国民年金に加入している人がほとんど。 (前の話はコチラ→) そこで現段階で国民年金がいったい1か月にどのくらい支給されているのか? これが分かれば将来的に65歳以上の生活をする…

バレエダンサーの気になる年金の話し。一体いくら年金はもらえるの?

日本のフリーのバレエダンサーの30代、40代の人たちって、どのくらい貯金できているんだろうか? 20年後、30年後の将来というか老後の生活するだけの貯金を着実にためていっているのだろうか? まさか生涯現役で踊り続けることだけで生活費を稼ごう…

男性バレエダンサーの発表会アルバイトを上手に続けるポイントは何?

まだバレエ自体が日本の男性にあまり受け入れられてなかった時代、現在の40代以上のダンサーが現役時代のころは、バレエ界の関係者の方からの話しだと、男性のバレエダンサーは人数的にかなり少なかったので、ぶっちゃけバレエ習って数年の一般人に近い人や…

バレリーナのバイト向き!体力的に楽な整形外科のリハビリ介助というバイトの詳細

バレリーナやバレエダンサーという経歴を履歴書に書くと、比較的にカンタンに採用してくれるのが整形外科のリハビリ助手、アシスタントと呼ばれるバイト。 週に2,3回から、午前中と午後の部に分かれて募集してます。 最近では日曜日も都内だとやっている…

バレエダンサーという職業ではローンも組めない?!

20代後半~30代のわりと名前が売れているバレエダンサーのかたたちの年収って、仲間内ではだいたい平均300万円前後といわれています。 男性のダンサーだと発表会シーズンの夏にバレエのお教室やスクールで子どものバレエのパドドゥの相手をしたり、大人だけ…

バレエをアシスタントを辞めたいと思ってもすぐにやめられない、バレエの世界は怖い・・ 

オープンクラスのバレエスクールではなく、個人経営のお教室でバレエを小さい時からずっと続けて、男性といっそにパドドゥをやったり、コンクール出場したり、発表会でソリストや主役のいい役がもらえたり。 そういう状況になってくると、いずれ高校生や大学…

バレエ助教はバイトかけもちの生活になるのも自己責任のもと覚悟も必要

バレエの教えだけで食べていくっていうのは今の世の中そうとう厳しいです。 スタジオを借りるのならその維持費だけでも都内や大都市なら月20万~30万ほどかかります。それと必要経費(電気代、冷暖房費、通信費等)。 ざっと計算しただけでも月40~50万円は…

バレエのアシスタントの講師代が支払われてない?!

個人経営のバレエのお教室によくある話。 ずっと子供のころから同じお教室でバレエを続けていて、高校生、大学生くらいの年齢になって、セミプロのようにバレエ協会の公演やコンクールに出場して入賞とかしだすと、ある程度バレエの実力もあるっていうことで…

いつまで雇われ?バレエアシスタントでいるか?

日本でバレエや他のジャンルのダンスでも、それだけで生活ができる人は本当にほんの一握りだけ。 どんなに生涯バレエや踊りだけで生きていきたい!って思っても、なかなかそう思い通りにはいきませんよね。できる能力と、やりたい願いは必ずしも一致しないっ…

バレエ助教になりたい!好きなコトを仕事に選べればいいのだけど・・

バレエが好きで、踊ることがすき 年齢とともに上達していて、容姿もそれなりにいい どちらかというとバレエ向きの体系 コンクールにも出場して、入賞もしている いろいろな講習会にも参加している バレエ協会の公演にも子どもの時からずっと出演している 上…

バレエの助教という名の暗黙の「タダ働き」にご注意!

ずっと小さい時から同じバレエ教室でバレエを習っていて、セミプロダンサーぐらいのレベルになっていると、お教室の先生から「バレエの助教」としてバレエのクラスをいくつか任されることがあります。 バレエの先生になるのが将来の夢だったら、それで夢が達…

これからバレエ講師になりたいのならとっておいていい教師資格とコネクションも大切

日本でバレエを教えている人たちの中には、比較的若い世代の人はバレエの教師のディプロムをちゃんと所持している人もいらっしゃいます。 バレエが一応教えられる程度にバーもセンターもできるのは当たり前ですが、それ以外にも体のつくりや使い方を徹底的に…

国内外のプロのバレエダンサーだった友人30代と40代の現在の生活の不安

ジュニア時代からバレエ教室がいっしょでもう20年来の信頼できる友人で先輩・後輩の関係。そんな人が周囲に2人います。 1人は国内の有名なバレエ団の1つに入団。 もう一人は世界的に超有名な西ヨーロッパのバレエ団に入団。 彼女たちと個人的に話す機会…

体力と時間に拘束されるダンサーは何を副業に選ぶと一番効率的に収入を得られるか?

ダンサーと副業の関係はきってもきれない関係。 バレエやダンスを踊ることだけでは生活できないのは日本の常識ですよね。 バイトが収入のほとんどをしめていて、毎日朝から午後~夕方まで拘束されて、体はもうクタクタなのに、一円も稼げないなんて常識で考…

バレエの先生の年収はこんなもん?! 本当に一生続けられますか?

最近ちょっとおもしろいサイトを見つけました。 総合転職サイトで、先生業の年収を扱った上位ランキングです。 (参考:https://success-job.jp/koushiranking/) ここを参考にする限り、バレエの先生の年収はトップ5には入っていて、年収300万のピアノ…

バレエ教室が赤字で経営難の理由

ここに書く内容は個人的にバレエを子どもの時から習っている土地柄、東京や首都圏のバレエ教室の経営状況について言及しています。 子どもの時は知らなかったし、気にも留めていなかったバレエ教室の運営側の事情。 ぶっちゃけすっごく儲けがでているところ…

バレエダンサーの非常識?!ビジネスするにはビジネスの常識が必要!

バレエダンサーで現役後の身の振り方、いろいろあります。 バレエ団出身の多くの人の場合、お教室を開いたり、雇われ講師だったり、バレエと関係のない職業に就く人はそれほど多くはないのが事実です。 雇われ講師だと、欧米と違ってバレエが職業として社会…

30代以上のバレエダンサーの生活をどうやって安定させるか?

先日ウェブインタビューで俳優の渡辺謙が言っていた言葉に言及してみる。 「僕にも、俳優として先が見えなくなって、不安に押しつぶされそうな時期がありました。でも、どんなに状況が悪かろうと、そういう時ってあがき続けるしかないんですよね。その時の自…

バレエの講師のお給料と長いこれからの将来キャリア作り

バレエを踊ることだけを本職にすると日本では生活がかなり厳しいということは知ってますよね。 ほとんどのバレエダンサーやバレリーナの方々は時間が開いているときに副業としてバレエに関係のないバイトやバレエの講師をしていらっしゃる人が多いです。 気…

バレエ講師の収入と将来のライフイベント予想額にアゼン?!

日本においてバレエは仕事の1つとして認められてはいますが、収入に関してはバレエだけでは生活できないというのも関係者の間では知られた事実ですよね。 それでもプロのバレエダンサー、バレリーナとしてバレエ団やフリーダンサーとして生計を立てている人…

バレエ講師、バレエインストラクターの将来性はあるのか?生活の保証はあるのか?

プロのバレエダンサーだと舞台にたつと同時にバレエスクールやオープンクラスでかけもちしてバレエ講師やインストラクターをやっている人も多いですよね。 プロのバレリーナでなくても小さなバレエのお稽古場から大きいバレエスクールを経営している先生もい…

バレエダンサーになりたい夢をつらぬく人は年収は今のところ気にしない!

このブログですでに日本のバレエ団に所属しているバレエダンサーは基本、生活費は別枠で副業をしながら稼いでいるということはもう理解して頂けていると思います。 現実として、年収が低く収入も不安定だと知りながらもやっぱりバレエを職業に選ぶ人たちは後…

バレエを本業にしているダンサーと結婚して本当に大丈夫なの?

バレエを踊ることが好きな人は、バレエダンサーを結婚相手に選びたいと思うのも自然の成り行き。 そういう気持ちも分からなくないけど。 やはり結婚は夢ではなく現実のこと。 つまり、生活費がいくらあれば毎月大丈夫とか、老後の貯金確保とか、そういう経済…

20代が主のバレエダンサー、不安定な年収で将来的に生活や仕事の不安はないのかな?

舞台や発表会で踊ってバレエをプロとして仕事にしている人はほとんどの人が副業をもってます。飲食関係のバイトやバレエスクールでの教え、男性のフリーダンサーであれば発表会のゲストとしてグランやアダージオの相手をすること・・。 女性のバレエダンサー…

バレリーナの現状、急な舞台や地方公演もOK!働きやすいバイト先で!

バレエダンサーのようにスケジュールが変則的で、時には地方公演や発表会リハ等で普通のバイトだと働きにくい場合、シフト制で自分の都合がつくときに働けるバイトを最低1つもっていると生活が楽になります。 そういう働き方の人はダンサーやバレリーナ、演…

バレエダンサーになった時点で、将来性を考えて副業を考えたほうが利口

バレエダンサーになりたいと思う人やすでにプロとしてバレエで活躍している人もいらっしゃると思います。 またプロのダンサーになれなくてもお教室を開いたり、講師として雇われていてバイトで日々の生活をつないでいる人もいらっしゃるでしょう。 興味ある…

バレエダンサーも同時に独立や起業を考えたほうが将来的にメリットあり!

バレエダンサーといっても実情、バイトしている人やフリーのダンサーで発表会の多い夏の時期に稼いでいる季節労働的な働き方で、収入も毎月、毎年不安定になっていることも多いです。 そういう生き方、働き方で納得しているのなら別に問題ありませんが。 や…

どうしてバレエダンサー男性の年収やどのくらい稼ぐか気になるのか?

バレエダンサーの男性の年収を知りたいという人は意外と多いです。 その場合、結婚相手や婚約者、パートナーがバレエダンサーだったり、夫がバレエダンサーだったりという場合が多いのでしょう。 女子の場合は特に気になりますよね。相手がバレエダンサーの…

プロのダンサーやバレリーナの生活をどこで見極めるか?

プロのバレリーナやダンサーにたとえなれたとしても、次に新たな悩みや心配事は次から次へと生じてきます。 一生踊っていきたい 退団したくない コールドじゃなくてソリスト以上になりたい 海外のバレエ団へ移籍したい お金もちと結婚してバレエを続けたい …