バレエダンサーのためのアルバイト情報や将来設計を考える情報

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレエを活かせる仕事:バレエ・ダンス用品のデザイナーや生産管理 のアルバイト

f:id:francerenai:20161217054626p:plain

 

日本ではバレエブームが依然と増え続けています。

バレエ人口はどんどん増えているので、バレエやダンス用品もどんどん発展していってます。

 

10年、20年前はまだネットもそれほど発達していなく、バレエショップも老舗が東京でも2,3店舗のみでした。チャコットやシルビア等が有名ですよね。

 

でも今は海外ブランドのバレエのレオタードもネットでカンタンに注文ができて、バレエショップも新しいレオタードや他の商品の開発にデザイナーを常に必要とする時代になっています。

 

バレエ用品、特にレオタードや衣装はセンスの問題。

 

バレエをよく知っている人でないと、

  • レオタードの機能面とか素材の選択
  • どのようなレオタードがレッスンに使いやすい

等やはり分かりません。

だから募集する要件にもバレエやダンス経験のある人が優遇されるんです。

 

バレエ・ダンス用品のデザイナーや生産管理で必要な知識

 

f:id:francerenai:20161217054722p:plain

 

バレエ・ダンス用品のデザインや商品企画で必要な知識は、主にパソコンを使用してデザイン画を作成することが求められるので、専門学校でデザインの知識がある人やアパレル関係でのアルバイトをしていると有利です。

 

実際にデザインができなくても、

  • 事務系の商品企画
  • 工場や職人さんとの日程調整や打ち合わせ
  • 発注や納期管理等

 

であればデザインの知識がなくても企画事務職で仕事ができます。

あとはアルバイトの面接時にやる気を見せることも必要!

 

アルバイトをしながらデザインの専門学校で学んだり、バレエ団の衣装関係の人たちと関係を深めながら衣装デザインの手伝いをしながら独自のコネクションを広げるのも、バレエをやめた後にも役立ちます。

 

そういう人たちは自分のバレエショップ関係の会社を立ち上げていますよ。