バレエダンサーのためのアルバイト情報や将来設計を考える情報

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

リラクゼーションでの仕事もバレエ関係者ならではの体に関係する仕事

f:id:francerenai:20161217060854p:plain

 

バレエ関係者のアルバイトや正社員を推奨してくれる仕事の一つが「リラクゼ―ションセラピスト」。

 

簡単に仕事内をいうと、人のボディーケアをリラックスさせながらしてあげたり、手をつかって頭や肩、ふくらはぎ、体全身をハンドテクニックでリラックスできるような状態までマッサージをしながら癒しを与えられる仕事です。

 

ハンドテクニックは未経験の場合、無料で研修できるお店が多いので、バレエをやりながらアルバイトとしてもできます。

 

お見せで研修もでき、認定資格もとっておけばバレエを辞めた後でもセラピストとして転職したり、独立することも十分可能です。

 

リラクゼーションのセラピストやボディケアマッサージと整体の違い

f:id:francerenai:20161217061205p:plain

 

整体師になる場合、国家試験に受かって国家資格をとってから整体師となれます。

 

そして整体師の国家試験を受けるにあたって、整体師の専門学校に3年間通うことになります。

費用も大学4年間の費用と同じくらいにかかります。

ですから、両親の経済的応援も必要です。

 

それと比べ、整体師以外のマッサージやリラクゼーションに勤務する場合、特別な資格は必要ありません。法律的に義務付けられていないのです。

バレエの教師と同じですね。

 

だからこそお店で無料の研修や、お見せで働きながら資格がとれるようになっているところが多いのです。

 

ただ名前ののとおり、お客様にリラックスをして頂くことが目的なので、マッサージ以外にも人とのコミュニケーションや接客技術が必要になってきます。

またお店によってはハーブティーなどの提供もすることもあります。

 

アルバイトであれば、シフト制のお店が多く、出勤日数も交渉でき、わりと融通がきくので、バレエ団の公演の合間やリハーサルの合間に稼ぐことも可能です。

 

ちなみに時給は他のバイトより圧倒的に高く、1時間2000円以上のお店もあります。

とりあえずアルバイトや転職サイトに無料登録して情報をしいれておくだけでもしておいたほうがいいですね。