バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

女性バレエダンサーは毎月の出費も超痛い!お金が消えていく・・

f:id:francerenai:20161218145050p:plain

 

プロのバレリーナの方も、アマチュアでバレエをやっている女性も、バレエを本格的にやると、すっごくお金がかかること知ってますよね。

 

特に新国立劇場以外のバレエ団に所属している女性のバレリーナは、バレエ団からの収入はほとんどないし、でもポワント代は毎月かかる。フリードなんて1足1万はとんでいきますからね。

 

ケガしたらその治療費もかかるし、ケガやボディーメンテナンス予防のためにピラティスや整体に定期的に通おうとすると、保険外だと毎月1~2万円はかかるし。

 

f:id:francerenai:20161218145159p:plain

 

海外のバレエ団だと、ポワントは支給されるし(注文数に制限はありますが、私のいたところだと月30足は頼めました・・・)、バレエ団専属のトレーナーがいるのでマッサージもタダだし・・。

 

やはり日本でバレエを本格的にやろうとするとどうしても生活するのが苦しいです。

友人にもバレリーナはいましたが、みんな大変そうでした。実家の援助がある人は恵まれていましたね・・。

 

現在東京バレエ団では、寄付金による(融資)<トウシューズ基金>があり、ポワント代の一部を支給されるようになりました。少しは女性のバレエダンサーの負担が軽減されているのでしょうね。

こういうシステムが国や市で賄えるようになるといいいのですけどね・・。

 

公務員の方たちの文化に対する知識・教養レベルが欧米の方たちと比べ程度が低いので、芸術に対する認知度も低いのが原因で、日本では芸術が育たないのですかね。

 

やはり日本でバレエを続けていくには、好きだけでは生活できない職業でもあるので、それなりの覚悟が必要です。

 

バレリーナの副業は無料登録のアルバイトを同時に複数しよう!

f:id:francerenai:20161218145317j:plain

 

両親がバレエ教室をもっていてそこそこ生徒さんがいるお教室や、バレエ団の幹部の方が両親とか、お金もちのご両親の援助が受けられている人以外の一般の家庭からバレリーナになる人たちは、生活するだけでも相当な苦労がありますね。

 

やはり割のいい、シフトの融通がききやすいアルバイトや派遣の仕事を副業も職種を選んだほうがいいですね。バレエをすることになるたけ負担がかからないアルバイトを効率的にみつけるために、無料の登録は複数しておいたほうがいいです。