バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレリーナが有利な職業: フィットネスクラブの事務・受付

f:id:francerenai:20161218190415p:plain

 

バレエ団に所属していたり、フリーのバレエダンサーをやっていると、舞台のリハーサルが立て続いたり、突然公演の依頼がきたりで、曜日が固定になっている定期的なアルバイトがやりにくいので、シフト制でけっこう自由にスケジュールが組めるアルバイトの口コミです。

 

バレエ関係だと親しみがもてやすいのが、フィットネスクラブやカルチャーセンターのフロント事務や接客

 

この仕事の特徴は、笑顔で受講生の問い合わせやインストラクターとの調整毎が主なお仕事になります。

 

かんたんなパソコンを使う作業もありますが、だれでも覚えられるようなことだし、最初は教えてもらいながら作業を進めるので、特にパソコン作業については心配しなくて大丈夫です。

 

パソコン作業の主な入力

  • 予約管理
  • スケジュール管理
  • 清算業務
  • 施設の管理
  • ブログやホームページの更新作業

その他、スタジオ・トイレの清掃作業があるところがほとんどです。

 

採用基準は未経験でも大丈夫なほどです。

 

f:id:francerenai:20161218190549p:plain

 

それよりもフィットネスクラブはいろいろなスポーツ関係の講座なので、スポーツやバレエ関係者のほうが採用されやすいメリットもあります!

 

また数人のスタッフとバイト時間が同じになるので、チームワークが苦になくこなせる人や人とのコミュニケーションが苦手でない人がむいてます。

 

アルバイトが終わっても、引き続き正社員途用のところもあるので、バレエ団を辞めた後でも万が一仕事が見つからな場合も有利になるアルバイです。

とりあえず、バイトの無料登録だけすることをオススメします。