読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレリーナ、バレエダンサーの副業やアルバイト情報

プロのバレリーナやバレエダンサーも将来を考えた副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは厳しいです。将来を見据えて今からアルバイトや副業で経験を積んでおきましょう

バレエには副業が必須!ダンサーは副業なしでは生計が立たない

f:id:francerenai:20161227180728p:plain

 

バレエダンサーを含め、バレエ以外の主なダンサーの年収とダンサーという本場の声についてまとめた情報がありました。

以下は関西地方の現役バレリーナ20代半ばの方の声です。

 

東京バレエ団みたいに海外公演なんかもする大きなバレエ団員ならがっぽり稼げるんでしょうけど。私は個人のバレエ団なので、舞台のときはノルマ地獄で、報酬がないことも珍しくありません。稼ぐなんてもってのほか。月に数回、時間ができたときに単発でコンパニオンの仕事をしてます。催事とかイベント会場で笑顔を振りまいたり、たまにショーのバックダンサーとして踊ったりも。カメラ小僧の相手をすることもあります。世知辛いですね(笑)。

参考:http://joshifuku.com/column/dancer/

 

新国立バレエ団のソリスト級のダンサーの年収でさえ、平均300万~350万と言われています。

これに発表会のゲストダンサーのギャラやメディアに出演した場合のギャラ、プリンシパルであれば海外のバレエ団へ招待された時のギャラを含めると、年収はこれよりも高くなりますが、退職金等制度はなく、労働組合もありません。

 

大手、中小企業の企業であれば労働組合があるところがほとんどなので、労働環境の交渉や働き手を守るためのルールを労使懇談で年2回行い、賃金アップと年齢給、ボーナスアップや、退職金の交渉等いろいろ改善もされてくると思います。

 

この組合を作る活動は雇側は作ってつくってくれないので、働き手が(ダンサー)ユニオンを立ち上げ、劇場側と交渉していくようになります。

 

上記と同じ情報を参考にすると、テーマパークダンサーやステージのバックダンサーでも年収は平均約150万~200万未満というデータがでています。新国立劇場と公演のゲストダンサーの男性を除いて、まだバレエ以外のダンサーのほうが契約社員として所属していることが多いので、バレエよりは年収は高いといえますね。

 

好きだけではやってられない!バレエダンサーがバレエ以外で苦労すること

f:id:francerenai:20161227180659p:plain

 

  • 年収が少ない
  • チケットノルマあり
  • バイトで副業
  • 体力勝負の仕事なので、若いうちしかできない職業
  • 勤務時間が不規則でスケジュールが立てにくい
  • 常に体調管理や体型維持しないとならない
  • 体のメンテナンスでマッサージ代、整体代でお金がかかる

 

20代、30代初めまではいいと思いますが、職業の将来性や安定を考えると、バレエダンサーになる前やなってからも、老後の資金やバレエ団を辞めてからの職業を計画立てていかないと、十分厳しい生活を強いられます。