バレエダンサーのためのアルバイト情報や将来設計を考える情報

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

国民年金だけのバレリーナは、老後資金に苦労!今から副業やアルバイトで貯蓄を!

f:id:francerenai:20161227182347p:plain

 

バレリーナの方の社会的職種は「自営業」に分類されます。

自営業の場合、厚生年金には加盟してないので将来受け取る年金のカテゴリーは「国民年金」だけになります。

 

(ただしバレリーナの方でも自分の会社を立ち上げて社会保険を支払っているのであれば、厚生年金の支払いが生じるので、退職したときの年金は普通のバレエダンサーよりも厚生年金が上乗せされるので、それだけ受け取る年金は多くなります。)

 

国民年金だけでは独りの生活もまともにできないほどのお小遣い程度の収入にしかなりません。2016年末の時点で年額年額79.2万円と政府が発表していますね。

 

f:id:francerenai:20161227182502p:plain

 

老後の資金もそれほどたまらなかった場合、生活保護手当をうけることも原則できますが、住んでいる管轄の市役所や区役所の担当の個人的な裁断になってしまうことも事実あるので、手当を受給するまでに相当嫌なことを言われたり、ひどいことにも遭遇することは確かです。

 

時々メディアで話題になってますよね。生活保護拒否で問題になっている話題が・・。

 

景気も上向きになることは今後予想されにくいし、年金受給制度どれほどまでもつk未来を予想しにくいので、一般のサラリーマンがやっているように、「個人年金や副業収入」で貯蓄を増やしたほうが身のためです。