読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレリーナ、バレエダンサーの副業やアルバイト情報

プロのバレリーナやバレエダンサーも将来を考えた副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは厳しいです。将来を見据えて今からアルバイトや副業で経験を積んでおきましょう

ダンサー等の自由業、フリーターでも審査の通りやすい最適なカードローン情報

f:id:francerenai:20170210185930p:plain

 

ちょとつらい話ですが、年収が安定しない個人事業主やフリーランス、ダンサーは日本では職業が社会保障的の側面で考えると、いろいろ確立されていないことも多いので、クレジットカードやちょっとしたときに安心して借りられるカードローンの審査に落ちてしまうことがあります。

 

特に大手の銀行系カードだと、審査に落ちてしまう場合もあります。

 

でもちょっとしたことでお金が借りられると助かることも将来的にでてきます。

ちょっとした海外旅行や、賃貸資金、パートナーとの食事やお出かけでも、少額単位で借りてすぐに来月返済すれば利子もそれほどかからないですし。

 

また20代後半以降、友人の結婚式や第二の人生や夢をかなえるためにバイト代だけではどうしても足りなくなる突然の出費を迫られるときもあります。

そういう時にカードローンはけっこう一般的に利用されていることが多いです。

 

(カードローンの話題は、日本では親しい間柄の人たちの話題にもしないことが多いですが・・・。)

 

バイト代で毎月収入があればカードローンの審査は通りやすい

 

f:id:francerenai:20170213101738p:plain

 

ダンサーやバレエ関係者の場合、多くの人はバイト代を生活費の足しにしている場合もが多いです。フリーのダンサーも自営業や個人事業主として毎月収入が例え同年代のサラリーマンよりも低くても収入はある人が多いです。

 

そういった職業の人の場合、カードローンを作るときの書類に書くと審査に通りやすいコツがいくつかあります。

 

1. 5万円以下の収入でも毎月「定収入」として安定した収入があることが証明できれば大丈夫

自分の銀行で通帳を記入すれば毎月、定収入があることが簡単に証明できます。

 

2. バイトでも勤続年数が1年以上あることが望ましい

長くバイトを続けるということは、それだけ誠実に働いているヒトとして考えられるし、返済能力もあると一般的に考えられています。

 

勤務実績が1年以上なくてもローンの審査に落ちるかどうかは実際には申請をしてみないとケースバイケースです。

 

ただ、勤務実績が1年以上あったほうがカードローンを作るときに審査は有利になることは間違いありません。

 

3.   国民健康保険以外の社会保険に加入していることが望ましい

自由業やバレエダンサーやそれ以外のダンサーであれば、フリー業・自営業として会社を作っていれば社会保険に加入もできますが、国民健康保険のままでいる人も少なくないでしょう。

 

国民健康保険ではカードローンの審査が通らないということはありませんが、できるなら早めに区役所等で自営業や自由業の届け出をして自分の会社を作って社会保険に加入したほうが有利にはなります。


(自分の会社をもって、見かけ上の赤字経営で確定申告すれば、次年度の税金対策=健康保険の減額対象になったり、国民年金の支払い免除になったり、税金対策にもなりますよ !)

 

f:id:francerenai:20170213101818p:plain

 

このようにカードローンは今すぐにお金を借りる必要がなくても作れるときに1つもっておくと、いざという時に結構助かります。

 

少額の1万円単位で借りられるので、返済も少額であれば計画的に返すのも非常に楽で、返済に追われてしまう等の経済的な心配もなく返すことができています。

 

1つ注意してほしいのが、カードローンを作るときの審査書類に書く内容です。

 

 

バイトで生活費を補充している人や、定収入の人の中には安定した収入額を実際より多めに書いたり、勤続年数がないのに記入したりすることもありますが、必ずカードを作るときには、カードを作るときには審査先からバイト先、あるいは勤務先に確認の電話調査が入ります。

 

そこで虚偽が発覚すると審査には落ちます。必ず事実だけを書類に書くようにしてください。

 

利息が一定期間ないカードや低金利の大手銀行カードローンがお勧め

 

f:id:francerenai:20170213101659p:plain

 

カードローンを作るときにもう一つ注意することはどこのカードローン会社を選ぶかということです。

 

大手の銀行の中にも低金利でない利息のカードもあるし、銀行系以外のカードだと少額借りるなら一定期間利息がない会社を選んだほうがいいです。

 

大手の銀行カードであれば、長期間借りても低金利のままなのが、

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行

 

一般の消費者金融のカードであれば、30日間利息なしで借りられる

  • プロミス

がお勧めです。