読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレリーナ、バレエダンサーの副業やアルバイト情報

プロのバレリーナやバレエダンサーも将来を考えた副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは厳しいです。将来を見据えて今からアルバイトや副業で経験を積んでおきましょう

女性のバレエダンサーも結婚する相手の年収や安定した職業を気にする

バレリーナやバレエダンサーの生活費

f:id:francerenai:20170124121217p:plain

 

日本のバレエ団に所属することだけでもすごいことなのに、経済的にプロフェッショナルな職業として確立されていないのは悲しい現実といつも考えるのですが、今回は女性のバレエダンサーが交際相手を選ぶときや結婚相手を選ぶときによく話を耳にした話題について言及します。

 

女性のバレエダンサーは、もちろん小さい時からバレエ一筋でやってきた人がほとんど。踊ることが何より好きな人たちの集まりです。

 

バレエ団に所属すると、バレエ団内の交友関係も広がりほとんどの付き合いがバレエ関係者になります。四六時中いっしょにいる人たちだから当たり前ですね。

 

だからバレエ団内のロマンスもよく聞きました。男性も女性も外見のプロポーションは選ばれた人たちだし、若い20代の世代が多い集団なので恋愛関係もかなり豊富です。

当然と言えば当然。

 

恋愛はダンサー同士でも問題ないのですが、結婚となるとやはり女性側はちょっと迷うことも多いのが事実です。

 

バレエ団内で結婚する方もいらっしゃるのは事実ですが、それはある程度名のが知られた男性がお相手の場合が多いです。フリーダンサーになった場合でも、バレエの講師やバレエ教室を開いても知名度があればある程度収入が確保できると思われます。でもそういう人たちは本当に一握りです。

 

女性ダンサー同士では、やはり男性のバレエダンサーがお相手だと経済的に安定した生活ができない可能性が高いことを話題にします。

踊れなくなってしまうと収入が激減するし、一生続けられる職業ではないので、、と話題にする女性のバレリーナの方たちがほとんどでした。

 

舞台や発表会ダンサーでの仕事も30代がピークですよね。40代以降になるとそういったお話も徐々に少なってくるのが現実です。

 

また、自分のバレエのお教室を開くにしても有名なバレエ教室や大人バレエのオープンクラスが過渡期の東京近郊ではバレエ教室を実際に継続して継続していくのも難しい時期になっています。

 

バレエ教室の閉鎖や倒産も最近では珍しくありません。

 

そういう時に、一般企業のサラリーマンと比較して貯金も年収も安定した職業に関しては「結婚相手がバレエダンサーだと不安」を口にする女性は多いのが現実です。

 

こんなに違うの?バレエダンサーと一般のサラリーマンの平均貯金額?

f:id:francerenai:20170213101804p:plain

 

経済が低迷しているといわれている現代ですが、バブル時代と比べると劇的に一般のサラリーマンの平均貯金額は低くなってますが、それでも公の調査によると30代ですでに500万円程度、40代で600万程度、50代以降で1,300万円以上と年代とともに貯金額は増加しています。

 

教育費や老後のことを考えるとまだまだ貯金額はたりませんが、実際のバレエダンサーの貯金額と比べてどうでしょうか?

 

仕事や収入が安定しているといわれている人たちでさえ、この程度の貯金額では足りないのに、バレエ関係の職業についているとこの平均貯金額を貯めているのも本当に一握りのダンサーたちなのではないでしょうか?

 

  • 30代・・・494万円
  • 40代・・・594万円
  • 50代・・・1,325万円

(参考:「家計の金融行動に関する世論調査」(2015年))

 

やはり女性のバレエダンサーが必ず話題にしているとおり、男性の場合、バレエだけで生涯結婚生活をしていくのはかなり難しいと考えられます。

 

f:id:francerenai:20170213112524p:plain

 

職業や収入でバレエダンサーを結婚対象外と言っている女性のバレリーナの人たちもかなり多いのが事実です。でもこれはバレリーナに限ったことではないですよね。

 

一般の女性でも年収の少ない人や職業が不安定の男性は結婚対象外になることは珍しいことではありませんよね。

 

早めに他の事業を展開したり、転職したり、踊れるうちに踊れなくなった将来のことを考えて行動することをお勧めします。