読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレリーナ、バレエダンサーの副業やアルバイト情報

プロのバレリーナやバレエダンサーも将来を考えた副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは厳しいです。将来を見据えて今からアルバイトや副業で経験を積んでおきましょう

どうしてバレエダンサー男性の年収やどのくらい稼ぐか気になるのか?

バレリーナやバレエダンサーの生活費

f:id:francerenai:20170306121850p:plain

 

バレエダンサーの男性の年収を知りたいという人は意外と多いです。

その場合、結婚相手や婚約者、パートナーがバレエダンサーだったり、夫がバレエダンサーだったりという場合が多いのでしょう。

 

女子の場合は特に気になりますよね。相手がバレエダンサーの場合。

一般的にバレエダンサーの男性が結婚相手の場合、女性もバレエ関係者ということが多いのですが。

そうすると日本のバレエ界の状況はだいたい分かってますよね。

 

バレエ関係の女性は特にこの話題にはシビアですよね。けっこうきわどい内容も女性同士だと話してますよね。

 

f:id:francerenai:20170306122002p:plain

 

一部の有名ダンサーを除いてバレエだけの生活は非常に厳しいこと。


すっごく売れていて20代、30代のフリーダンサー、又は現役であれば収入が500万、600万円以上あれば、夫婦二人の生活はそれほど贅沢しなければ生活していけるレベルです。

 

一般のサラリーマンの30代、40代の家庭はそのくらいの中間層の年収の人が多いので。生活は大丈夫でしょう。

 

ただサラリーマンと違うのは、ケガや体調不良で発表会等のゲストダンサーとしてなりたたなくなってしまうと、収入が激減してしまうこと。

 

もう一つ。ゲストダンサーでも20代、30代前半はバレエ教室やバレエスクールの発表会からオファーが多いですが、年齢とともにオファーも少なくなっていきます。

 

一度オファーの声がかからなったり、減っていくと盛り返すことは厳しいです。

 

30代後半移行のフリーバレエダンサーの年収と負のサイクル

f:id:francerenai:20170306122701p:plain

 

知り合いの元新国立バレエ団のけっこう有名だったダンサーを知ってますが、40代、50代にもなると、年に2,3回の発表会の相手を半ばお情けでお話しを頂いている方もいらっしゃいます。

 

この年代になると、体力勝負と体調管理や年齢がものをいう世界なので、同然ギャラも少なくなっていくし、年に2,3回だと一回のギャラが20万程度だとして、20万×3回で60万円・・。

 

こんな年収では到底一人の生活もままならないですよね。

 

しかも年収がさがるっていうことは、体調不良を改善させることや腰痛やケガの治療をする費用もかかるので、治療代もかかるのでマッサージや整骨院にも極力いかないようしています。

 

だから治るケガも治らない=どんどんケガの状態が悪化していって、ますます発表会のゲストダンサーの依頼も激減しちゃうっていう悪循環が生まれます。

 

f:id:francerenai:20170306122831p:plain

 

自分のお教室をもっていても、スタジオを借りている場合は賃貸料や光熱費も月々かかるし、都内や首都圏だと、生徒数もやはり有名で今現在、人気がある現役のダンサーが教えているお教室が人気が高いので、細々とバレエの教室経営だけではいつまで経営できるのか見通しがきかない状況です。

 

やはりダンサーは若い時期に、公演の合間にバイトでバレエやダンス以外の仕事経験を積んでいたほうが30代になったときにも潰しがききます

 

公演の合間にできるバイトの登録だけでもしておいて、時間に都合のつく日だけバイトをしておいたほうが将来のためになります。