読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレリーナ、バレエダンサーの副業やアルバイト情報

プロのバレリーナやバレエダンサーも将来を考えた副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは厳しいです。将来を見据えて今からアルバイトや副業で経験を積んでおきましょう

20代が主のバレエダンサー、不安定な年収で将来的に生活や仕事の不安はないのかな?

f:id:francerenai:20170324130042p:plain

 

舞台や発表会で踊ってバレエをプロとして仕事にしている人はほとんどの人が副業をもってます。飲食関係のバイトやバレエスクールでの教え、男性のフリーダンサーであれば発表会のゲストとしてグランやアダージオの相手をすること・・。

 

女性のバレエダンサーであれば夜の仕事、水商売をしている夜の顔をもっているバレリーナも多数いらっしゃいます。

 

つまり自分の考えがしっかりしていてどういう状況でもバレエを踊っていきたいという気持ちがあればメンタル的に大丈夫なのですが。

 

でも、こんな2重3重の生活、20代ではいいですが、30代以上になると体の疲れも若い時と回復が違うし、いくらバイト生活を副業として続けていても生活向上や改善にはつながりません。

 

f:id:francerenai:20170324125922p:plain

 

生命保険や貯蓄のための生命保険会社がやっている個人年金保険も、一定の収入のある仕事についていて、健康な体ではないと加入を断られるケースも多いです。

 

やはりバレエを含む芸術関係の収入が不安定な職ということでそういう将来的な生活のハンデが一般的にはありますよね。

 

一般の世間とかなりズレが生じるバレエダンサーの不安定な年収

f:id:francerenai:20170324125953p:plain

 

サラリーマンで言うと男性だと早い人で20代後半から出世の道をたどってます。

出世しなくてもお給料は年齢とともにやはり上向きになっていきます。仕事のキャリアもそれだけできてますから、転職でもっと上の年収を目指すことも可能です。

 

そんな一般の男性と比べてしまうと、バレリーナで踊っていて生活費はバイトで賄っています・・なんていう状況だと、30代以上になると自分の首を絞めるような結果にもなる可能性があります。

 

いつまでもプロとして踊っていけることはありませんよ。

 

それでも生活をしていかなければいけないでしょう?どうやって生活費を稼いでいくのでしょうか・・

 

飲食関係のバイトも体力勝負です。

 

水商売も体力勝負です。いい加減にしないとお肌がボロボロになるし、水商売やっていたという雰囲気がちょっとしたしぐさや雰囲気に表れてしまいますよ。

そういう女性を嫌う男性も多くいますからね・・。

 

やはりバレエとバイトの両立はほどほどにしといたほうがいいですね。

 

f:id:francerenai:20170324130241p:plain

バレエの教えをたくさんいれて何とか生活費手取り15万ほど確保している友人もいますが、30代、40代でその生活費じゃね・・

 

それほどの月収だと結婚も対象外になってしまうことも多いし、何より生活の安定からくる心の安定も得られることが少なくなってきます。

 

若い時は踊っていられれば幸せ、バレエダンサーやバレリーナになれれば幸せという気持ちはだんだんなくなり、現実の生活に追われるようになります。

 

バレエ以外のネイルを楽しんだり、車やマンションを買ったり、趣味の幅を広げたり、貯金したり・・と、自分へのいろいろな投資もできないんですよね。それだけの月収だと。

 

全てのものがお金で解決できるは思いませんが、お金である程度解決することも多いです。やはり貯金があったり自由に使えるお金が毎月あるのとないのでは、心の安定も違ってきますよね。

 

そして心に余裕がないと、人に対しても余裕がある接し方ができなくなってきちゃう。

このように悪循環を生んでしまいます。

 

f:id:francerenai:20170324130840p:plain

 

都心や大都市のバレエスクールやオープンのバレエでは、若さと知名度がモノをいうバレエの世界です。30代、40代で教えだけのバイトでなんとか食べて舞台に立っていても、これが果たしてずっと続くのか?

 

考えただけでも自分だったら恐ろしいです。

早めに他の仕事にシフトしたほうが将来的にも安心だし、老後生活もビジョンが見えてきます。