バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

日本のバレエ団のお給料やギャラの事実!将来のために自己投資資金を貯めるバイト探しは20代のうちに!

f:id:francerenai:20170704235109p:plain

 

日本のバレエ団の出演料、ギャラは、あるところもあるけど支払われないバレエ団のほうが多いので平均的なギャラについては不明とされています。

 

個人的にも自分がいたバレエ団やバレエ団関係者の内輪の話しでお給料やギャラの話をするだけなので、当然関係者のいないバレエ団の内情ははっきりとした数字で示すことはできかねます。

 

ただ、だいたいどこのバレエ団も経済的な事情は同じなので、ダンサーに対して生活が保障されたお給料やギャラが支払われていることはめったにないのが事実。

 

個人的なバレエ関係者の話によると、新国立劇場や東京バレエ団、他にバレエ団のお給料の内情についてなら他の人より事情が少しは吞み込めているので。

 

新国立劇場のバレエ団の場合は、別の記事で詳細を述べているのでここでは割愛させていただいて。

 

東京バレエ団の現在はどうなっているのか、賃金体制が新ディレクターになって改善されたのか分かりませんが、当時だとギャラは女性の友人の場合は2万円でしたね。ちなみに友人はコールド。

 

f:id:francerenai:20170704235455p:plain

 

バレエ団によって多少のばらつきはありますが、東京バレエ団はその中でも当時はギャラがでるだけましな方だったので、その状況はいまもあまりかわっていませんね。

 

Kバレエカンパニーの場合、昔からある大きなバレエ団よりも多少労働条件はいいとは聞きます。ギャラに関しては公演数が年間約50公演ほどあるので、ギャラを2万円と仮に東京バレエ団並みにしても年間100万円は収入が頂けるのでいい条件なのではないでしょうか?

 

f:id:francerenai:20170704235030p:plain

 

それ以外の首都圏の大きなバレエ団ではギャラも出なかったり、年間公演数も10公演にみたないので、職業にもならないようなバレエ団もあります。

 

やはり、バイトなしの生活では生活が成り立たないわけですよね。

 

30代以上でバレエ以外の安定した職業で、バレエに関わり合いをもてる職業につくために、20代のうちに自己投資できるだけの資金をバイトでためておくのが得策です。