バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレエ教室を開く時キーワードや文章が的外なブログやHPは結局集客できず生徒が減る一方

f:id:francerenai:20170713121722j:plain

 

自分のバレエ教室を作りたいと思っていたり、バレエ関係のショップやお店をネットで開きたいと思っていても、実際に毎月の収益が一定で安定しているところって、かなりの大手のショップや昔ながらのバレエ教室や、有名な現役のバレエダンサーが講師としてバレエ講座をいくつももっているオープンクラスの経営しているところなんです。

 

そういう大きな組織のところは、収益も毎月100万単位以上にあるので潰れることはないし、経営が赤字になることも稀。

 

でもそれ以外の数多い個人経営のバレエ教室や小さいバレエのネットショップの経営はほんとにネット集客を考えて実践しないと閉鎖においこまれています。

 

都内では新しいバレエ教室やオープンクラスもブームなのでどんどん作られていますが、逆に潰れている教室もあります。わりと名の知れた大きなバレエのオープンクラスも潰れていますよね・・。

 

その原因はやはりネットで生徒の集客ができていないから。

 

例えば、バレエ教室を東京で探している人であれば、「バレエ教室 東京」のアクセス解析をグーグルやアクセス解析用のツール(道具)で調べると、次のようなキーワードで検索されている結果がでました。

 

f:id:francerenai:20170713121950g:plain

 

「バレエ教室、東京」で1位になっているサイトはまとめサイトで、ある程度都内で名の知れたオープンクラスのバレエ教室をまとめてあるサイトがgoogle検索で1位になってます。

 

これはどういう意味なのか?

 

バレエのオープンクラスを都内で探している人が多いということ。

 

オープンクラスなので、大人バレエが対象。レベルはまちまちで大人からバレエを始めた初心者のためのクラスもあって、子供のころからバレエをやってセミプロやプロのダンサーも受けられる上級クラスがあるバレエ教室が流行っているということ。

 

そういうオープンクラスのある大人バレエを探している人に、子ども向けのバレエ教室や、初心者ばかりの大人バレエクラスがある教室を紹介しても、的がはずれてしまうということですよね。

 

 

こういう大人のオープンクラスを都内で探している人には、

 

  • 渋谷の大人バレエのオープンクラス ⇒詳細はコチラ
  • 渋谷の大人バレエのオープンクラスの口コミはコチラ
  • 渋谷にある大人バレエのオープンクラスのレベル分けは?⇒公式ページ

こんな感じのキャッチフレーズや文脈でHPやブログを作っていけば、渋谷でバレエのオープンクラスを探している大人の人を対象にピンポイントで集客ができます。

 

f:id:francerenai:20170713122316j:plain

 

ここの集客のキーワードと集客の対象者を間違うと、google検索でも上位にひっとしてこない自分のバレエのお教室のHPやブログを作ってしまうので、どんなに生徒をネットで募集しても生徒は一向に増えない、もしくは減っていく=赤字経営で借金して、採取的にはお教室閉鎖に追い込まれてしまいます。

 

このネットで上位になるキーワードを探す方法と、それにともなってHPやブログを作っていく方法はや誘導文は、私のプライベートで教わっている日本語教師の先生に習ったことです。


これ以上ネット集客を学びたければ先生の無料講座から学ぶのがかんたんでお勧めです。興味あるダンサーのお問い合わせはコチラ