バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレリーナの妊娠時期と仕事や生活の心配はつきもの

f:id:francerenai:20170918124252g:plain

 

バレエダンサー同士の結婚でもそうでないにしても、女性が妊娠するとやはりバレエ団を続けることは今の日本の社会だととっても難しい問題です。

 

バレエだけでなく、芸術に対する社会保証制度が日本では確率されれいないから、妊娠後復帰してバレエ団やフリーで踊り続けるというのが日本のバレリーナにとって難しい決断ですよね。

 

妊娠できる時期もだいたいあるし、子供が生まれてから嬉しいことが増える判明、生活費の工面は今以上に厳しくなりますからね

 

子どもの費用はかかるし、もし結婚相手がバレエダンサーだったら・・。

f:id:francerenai:20170918124432p:plain

 

バレエ男性で名前がある程度売れている方だったら、発表会のゲストダンサーとして踊ったり、バレエスクールで講師として教えをしたりすれば30代の間は年収はある程度確保されるので、同年代のサラリーマンと同等かそれ以上の年収の暮らしができるので、子どもがいても生活には心配ないと言われています。

 

ただ40代以上になるにつれ、発表会のゲストダンサーとしての仕事も減るのは事実だし、ケガして踊れなくなってしまうダンサーも多いです。月収が不安定になる時期でもありますよね。

 

子どもの養育費もかかるようになるし、子どもの将来のことを考えていろいろと教育のための貯金もしておかないといけない時期に差し掛かります。

プラス、自分たちの老後の費用もためていかなければならない時期でもあります。

 

f:id:francerenai:20170918124543g:plain

 

今のことだけでなく、将来必ず必要になってくるそういった教育費、養育費、老後の生活費等を考えると、今から副業で収入を得られる状況を作っておいたほうが金銭的な心配は少しは解消されます。心の安定は生活やメンタル面での安定にも繋がります。

 

とりあえずバイトの登録は無料なので登録だけしてバレエ以外の時間でできる副業の情報をみるだけでもいいですね。もっと将来的な副収入を得たいのであれば、場所や時間を問わずできるネットビジネスはお勧めです。