バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

2016-12-29から1日間の記事一覧

バレエダンサーとサラリーマンの65歳から貯蓄負担はこんなに違う・・

サラリーマンの65歳~85歳までの老後の預貯金は最低限いくら必要? サラリーマンの場合、退職金もあり、65歳以上になると厚生年金もあるので、65歳以上になると、それほど貯蓄がなくても生活できます。 ここが国民年金だけのバレリーナやバレエダンサーと違…

これだけ違う!バレエ関係者とサラリーマンの無年金期間の老後の資金調達方法の比較

今回は、60歳で退職して65歳までの無年金期間でどのくら生活費が最低限必要なのかを考えてみます。 バレエ関係者の人もサラリーマンの人もいったん60歳で仕事に一区切りを考えるとします。 一人当たり東京に住んだ場合、平均年311万円ほど生活費が最低限かか…

バレエダンサーだからこそ、老後に備え終身医療保険には加入しよう!

バレリーナの方の心配の1つはケガや病気に対する補償。 若い時であれば少しの足腰の痛みや肩のだるさ等、多少我慢してもバレエのレッスンはできます。バレエ団に所属していてもわりとそういうダンサーはいらっしゃいます。 1か月一人あたりに必要な退職後の…

老後の生活費なんて考える余裕がない50代以上のあるバレエダンサー話

20代、30代前半のころは男性のバレエダンサーは、バレエ団によってはサラリーもギャラも女性よりは貰え、発表会ダンサーとしてもフリーで活躍ができ、年収もかなり高く、同世代のサラリーマンの平均年収より高い方もいらっしゃいます。 ケガがなければまだま…

バレリーナが老後を準備する時、「物価上昇」も視野に入れた生活費を考えよう

バレリーナはバレエ団を辞めた後、フリーダンサーで活躍する人、バレエ教室でインストラクターとして活躍する人が多いのは事実です。 職種となるとどのカテゴリーになるでしょうか? バレエ関係者だと、何らかの企業に属して「厚生年金」を支払わない限り、…

元バレリーナやバレエ関係者にも当てはまる「老後の不安」って何?一般アンケート調査より

連合のシンクタンク「連合総研」の調査で明らかになった非正規労働者の老後の不安をアンケート調査し、ランキング形式のまとめを発表しました。 彼らの約8割弱が老後に強い不安を感じている意識調査が分かりました。 (参考:毎日新聞2016年6月6日) 老後の…