バレエダンサーのアルバイト情報!!給料や年収の実情と将来の話し

バレリーナやバレエダンサーのために最適な副業とアルバイト情報です。バレエ団を退団してから新しく転職するのは費用的にも時間的にも厳しいです。将来を見据えて今から生活費や自己投資のためのシフト調整できるアルバイトや副業で経験を積める情報です。

バレエダンサーのバレエ団退団後にフリーダンサーとして仕事率をアップさせる方法

f:id:francerenai:20171218194406j:plain

 

バレエダンサーの男性は特に日本ではまだ人数的に少ないこともあり、女性のバレエダンサーよりもバレエ団を退団してもフリーのダンサーとして生活費を増やしていくことが主流になってるでしょ?

 

その点では女性のバレエダンサーよりもずっといい位置にいますよね。

 

女性のバレエダンサー側はというと、友達が話すことをよく聞きますが、経済的なことは旦那さんに任せて、自分は趣味程度にバレエを続けたり、教えをバイト的にな感覚で続けることもできるということなので、将来的な生活の不安は男性ダンサーほどではないという気持ちでいる女性ダンサーは少ないですね。

 

正直なところ、現実的な話を聞くとフリーのバレエダンサーの男性でもバレエで踊ることだけで生活できるのはほんの一握りの人たちだけ。

 

ある知り合いの男性は年収1000万円ほどをグランの仕事だけで得ています。

 

発表会ダンサーとしてもバレエ協会のゲストダンサーとしても、大人バレエのパドドゥの相手としても、若ければできるのでしょうが、いつまで体力が続くのかとても心配です?

 

いつまで容姿もテクニックもレベルを下げずに現役以上に保っていられるか?など心配なこともあるのですが。

 

彼は相当な数のグランの依頼をこなしていると考えられますよね。

彼のすごいところリスペクトすべきところは、どんなオファーもできる限り依頼者の相手によって選り好みしないでオファーを受けているところです。

 

f:id:francerenai:20171218200417g:plain

 

実際大人バレエのグランの会の更衣室では、おばちゃん(大人バレエと言わずにごめんなさい・・)バレエの人たち聞いたら傷つく話や、太っている体型のパートナー女性に知ったら傷つくようなあだ名を男性ダンサーの間でつけていたり・・。

 

これは実際に更衣室から漏れて聞こえてきた声ですからナマ生しいですね。

他にもいろいろありますが、公に言うことは控えます。

 

そういう事実もあることを知ると、バレエダンサーへの信頼度は低くなりますよね。だからオファーする人も悪い噂のない人をとかく選びたくなるもの。

 

大人バレエや発表会のための男性ゲストダンサーなんて踊りの実力以上に性格や信頼度が最も優先されているのが真実です。

 

 

 

男性のフリーのバレエダンサーでも社会的地位はフリーターが主流の厳しい現実

 

f:id:francerenai:20171218195008g:plain

 

そういうバレエ界の頂点にいるバレエダンサーもいらっしゃる中、大多数のフリーのバレエダンサーはグランの仕事を引き受けるのと同時にフリーターをしているのが寂しい事実。

 

コンビニや飲食関係が多いですね。シフト制なので時間スケジュールを合わせるのに都合がいいからですね。

 

フリーのバレエダンサーでバレエのオファーを増やす方法

 

f:id:francerenai:20171218195249g:plain

 

バレエ団時代のつながりで発表会ゲストや大人バレエのグランの相手の依頼も徐々に増やしていくことでオファーを増やしています。

 

 

でもこの方法だって、相手のバレエ教室主催の人や大人バレエの人たちに信用度を買われなえれば次の依頼も続かないのは常識です。

 

いかに現役の時代に自分のダンサーとしてのポジションを上げていくか?そういうことで世間にも名前をおぼせてもらえますよね。

 

フリーダンサーになるまえに舞台で問題なく(特に女性関係はね)公演やリハをこなしてれば、そういう態度は口コミでどんどんバレエ関係者に広がっていってます。

 

バレエ教室はというかバレエの関係者の世界はすごく狭いので、発表会のリハを意味なくキャンセルしたり、キャンセルの回数が多かったり、女性関係で問題になったことがうわさされたりすると、お教室には問題を起こさせるダンサーはゲストとして呼ばれなくなります。

 

またお教室同士の横の関係もあるので悪いうわさはすぐに広まってしまい、そういうことが原因でフリーのバレエダンサーとして仕事がこなくなる30代、40代の人も知っているだけに気をつけなければいけないことですね。

 

リハ前にお酒を飲んできたロシア人のフリーダンサーは、バレエ教室の発表会にはゲストダンサーとして依頼がこなくなった事実もあります。

 

バレエダンサーとして生活していくには人の信頼度は死活問題になるほど大切ですね。